バダハリプレーヤーアンチもいますがわたしは好きな奏者の独力

こないだGONGにバダハリスポーツマンが年の瀬に競争したと載ってました。
顧客はバダハリって同期のプレーヤーだったと思いますが人名は忘れました。
2Rまでバダハリが優勢に進めてたのに肩を負傷して先生帰路となったようです。

バダハリは ネットなど見ると迷いや事件を起こしたとか書かれてますが 真偽は定かでないです。

ただしバダハリの熱いファイト、競争に対する真摯な燃えリピーター、まっすぐな斬新などあまり想いを打つものがあります。

亭主のファイト進め方とかKO特集など何度も見てしまう。

大概はパンチでKOしてるようですが稀に蹴りによるKO劇もあります。

何よりステファンレコを裏面回し蹴りでKOした展望はKO歴史に残る程度です。

藤本祐介を高キックでKOしたりアリスターオーフレイムをKOしたシーンも好きです。

バダハリは劣勢になってもアドレナリンが爆発して にてクレバーになり改善成就も多いようです。

エロールジマーマンに先制の規定奪われて次のラウンドで規定を取り戻したのは驚きました。

ルスランカラエフとの二度目の口論の規定から起き上がりに綺麗なカウンターを合わせてKO成就練るシーンも見応えあります。

初頭という準優勝しだした間という亭主のシステムやファイト進め方も 大きく変わっているようです。

またレトリックが誇りに通じるし噂も何度も言ってたら本気になるという心的もついてるのかなと思います。

バダハリは多くのレジェンドとの競争もこなし 多分勝ってきてます。彼女を傷つけない「いびき」対策はこちら